お問い合わせ リンク
全WEBサイト内
トップページ 共同募金 社会福祉センター ボランティア活動センター 子育て 交通アクセス
六ヶ岳(340m頂上中央 宮若市本城) 下中右建物:宮田北小学校
社協とは
 「住み慣れた地域で、家族や友人とともに暮らしたい」。これは全ての人びとの共通の願いです。こうした願いをかなえるためには、地域のみなさんが互いに支えあうことが必要です。つまり、地域の中では住民のみなさんが福祉の担い手であり、そしてまた受け手でもあります。宮若市社会福祉協議会は、次の基本理念、基本方針をかかげて、住民一人ひとりの福祉ニーズに応える活動を積み重ねながら、誰もが安心して暮らしていける「福祉のまちづくり」に積極的に取り組んでいきます。
 
○基本理念
 共に生き、共に学び、共に参加し、共にしあわせを感じて、より豊かな生活を創り出す「福祉コミュニティー」を創造し、すべての住民をもれることなく優しく包み込む(ソーシャルインクルージョン)まちづくりを目標に掲げ、取り組んでいきます。
 
○基本方針 
 
みんすべてが、地域における生活共同体としての意識を持ち、地域福祉への関心を高め、住民主体の理念により、自発的な参加による活動を推進し、互いに支え合う「共に生きる町」づくりを進めます。
 
たたかい、心あふれる地域づくりを進めるため、地域が抱えているさまざまな福祉課題を地域全体の問題としてとらえ、共に学び、考えて、話し合い、協力して解決を図りながら、心かよいあう「ふれあいのまちづくり」を進めます。
 
の心を持ち、心の叫びを聞き、それを受け入れ、おもいを語り、そのおもいに耳を傾けて、手をつないで取り組んでいく、そのような仲間づくりの援助やネットワークづくりの支援、ボランティア活動の支援などを行い、住民参加の活動を進めます。
 また社会福祉に関わる公私の関係者・団体・機関、そして保健・医療、教育、労働等の行政機関や民間団体等の連携を図り、行政と住民組織とが輪になって、協働による活動を進めます。
 
いかつの全体性、継続性の原理に基づき、地域における質のよい福祉サービスを提供し、各種機関、団体、住民との協働による、社会制度では対応できないすきまをうめるサービスの整備・開発・実施並びに提言をしながらコミュニティーケアを進め、一人ひとりが安心して暮らせるしあわせなまちづくりをすすめます。
会長あいさつ
市社会福祉協議会
組織
あゆみ
基本理念と活動方向
事業趣旨・計画
事業報告
社協だより「ほっと」

































Tel:0949-32-0335 Fax:0949-32-1009 地図・航空写真